お知らせ

H31年度

お知らせ

おしらせ N0.27  「古の土器に触れる」埼玉県立歴史と民族の博物館の出前授業

 

 2学期は、芸術科では美術Ⅲ選択者が縄文土器を、書道Ⅲ選択者が陶板をそれぞれ制作し、一緒に野焼きする共同の授業を計画しています。今日は事前学習として、歴史と民族の博物館が出前授業を行ってくださいました。埼玉県で出土した縄文、弥生、古墳、平安、4つの異なる時代の本物の土器を、実際に触って鑑賞する授業です。生徒たちは「教科書では何度も見ていたけれど、間近で見て触れることで、思ったより薄くて軽いなど、質感や重さまで分かって面白かった」「土器を通してその時代の暮らしや特徴が分かって良かった」などの感想を持ちました。貴重な機会を与えてくださり、御協力いただいた博物館の方々、ありがとうございました。
  

  

お知らせ

おしらせ N0.26  8月30日(金)2学期始業式の様子

 

8月30日(金)、2学期の始業式が行われました。始業式に先立ち、新たに着任したALTの着任式が行われました。その後の始業式では、校歌斉唱、校長講話、生徒指導部主任講話、部活動の全国大会報告(弓道部・写真部)、部活動表彰、埼玉大学との高大連携事業である夏季インターンシップ修了証書授与がありました。校長講話では、チャレンジすることの大切さについて生徒に対し話がありました。北高生が皆、目標を持ってチャレンジする2学期になって欲しいと思います。なお、2学期初めの表彰については以下のとおりです。

 

≪弓道部≫

・紫灘旗全国高校遠的弓道大会 団体女子の部 準優勝

 ・県連盟中央支部大会(第37回夏季高校生弓道大会)

   女子個人第2位(1名)、女子団体第6位

≪写真部≫

・第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会写真部門 

   奨励賞(1名)、文化連盟賞(2名)

≪書道部≫

・第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会書道部門 文化連盟賞(1名)

・弘法大師奉賛 第54回高野山競書大会

高野山総長賞(1名)、審査委員長賞(1名)、高野山書道協会賞(1名)、推薦賞(1名)

・第20回高校生国際美術展 奨励賞(1名)

・全国書画展覧会主催第39回ふれあい書道展 特選(3名)

≪吹奏楽部≫

・埼玉県吹奏楽コンクール高等学校Cの部 銀賞

≪音楽部≫

・埼玉県合唱コンクール 銀賞

≪ソフトボール部≫

・第15回埼玉県女子ソフトボール公立高校研修大会 Ⅱ部 優勝

≪自転車競技部≫

・JOC ジュニアオリンピックカップ

U17女子 ポイントレース 第5位(1名)

         2kmインディビジュアル・パーシュート 第6位(1名)

U17男子 ポイントレース 第6位(1名)

         1kmタイムトライアル 第6位(1名)

  
  
  

お知らせ

2019年度埼玉大学夏季インターンシップ

 8月6日(火)~8日(木)「埼玉大学夏季インターンシップ」が実施されました。当日は、読売新聞社、教育新聞社の記者さんが取材に訪れ、その記事が8月23日の読売新聞朝刊に、また教育新聞および電子版に掲載されました。またJ:COMの8月6日のデイリーニュースでも、生徒の活動の様子が放映されました。
 この行事は本校の生徒が埼玉大学の研究室において大学院生や学生と共に研究活動を行うもので、今年で8回目となります。本校の生徒たちは、埼玉大学大学院理工学研究科人間支援・生産科学部門ヒューマンインターフェイス研究室を中心とした世界最先端の技術に触れるとともに、また埼玉大学や理系の研究室の様子を知り、自分の進路を検討するよい機会となりました。



 今年のテーマは「社会とAI」。超高齢化社会の中でAI技術をどのように活用して社会の課題を解決するのかを研究しました。最終日の研究成果発表会は通常の研究室ゼミとまったく同じ形式で行われました。生徒は研究の厳しさと達成の喜びを知り、大きく成長したようです。最後に綿貫教授から修了証書が全員に手渡され、あたたかい拍手の中、実り多い3日間の全日程が終了しました。

 綿貫先生をはじめ埼玉大学大学院理工学研究科の皆様、ご指導、まことにありがとうございました。


お知らせ

おしらせ N0.25  文化祭準備、進路準備等

 

夏休みに入り、12日が過ぎました。教室では、文化祭に向け準備が始まっています。また、進路に向けて、担任の先生の指導で、論文等の準備をする生徒もみられます。生徒は、とても有意義な夏休みを過ごしています。
  

お知らせ

おしらせ N0.24   夏期補習真っ盛り

 

7月16日(火)から8月29日(木)まで、6期に渡り、計39講座の夏期補習が予定され、現在夏期講習真っ盛りです。いずれの講習も生徒は真剣そのもの。充実した実りある夏を過ごしてほしいと願っています。勿論、先生の補習の準備にも余念がありません。