日々是好日(校長室だより)

日々是好日(校長室だより)

人権教育研修会

本日、国立ハンセン病資料館学芸員の金先生にご来校いただき、人権教育講演会を実施しました。

私たちはハンセン病の歴史から学び、根拠のない偏見によって人権を傷つけることのない社会を作っていかなくてはなりません。現在、感染拡大しているコロナウイルスに対しても、同様の配慮が必要です。

講師の先生がわかりやすく説明していただき、「人権」の大切さについて深く考える機会となりました。

  

図書館には関係図書のコーナーもできました。今日の講演で興味を持った人は本も手に取ってみてください。

言の葉

 偏見は、愚か者たちが使う理屈である。

 ヴォルテール(フランスの哲学者、作家)

 

演劇部が埼玉新聞に掲載されました

本日の埼玉新聞に県高校演劇中央発表会の記事で、演劇部が紹介されました。

ぜひご覧ください。

 

来月、関東大会に出場させていただきます。応援のほどよろしくお願いします。

言の葉

 若い頃、僕の時間は未来へ向けて無限にあるように思えた。今、僕は終末の時間から逆算する。
 すると、人も風景も、そう、何もかもが違って見えてくる。

 蜷川 幸雄  1935〜2016

 

快挙! 演劇部 第69回埼玉県高等学校演劇中央発表会 最優秀賞!!

11月14日・15日に埼玉芸術劇場で開催された、

「第7回埼玉県高等学校総合文化祭・演劇祭」「第69回埼玉県高等学校営為劇中央発表会」において

本校演劇部が最優秀賞(県優勝)をいただきました。この結果、関東大会に推薦していただくことになりました!!

今回の発表会の開催にあたり、発表会を支えていただいた関係者の皆様、演劇部を応援していただいている皆様に心より感謝申し上げます。

 

コロナ対策のため関係者のみの入場となりましたが、部員たちはさいたま芸術劇場という素晴らしい舞台で最高の演技を見せてくれました。審査員の方からも、満場一致で最優秀賞に推薦したとのお言葉をいただきました。

さらに練習を積んで、関東大会でも素敵な演技を見せてください。楽しみにしています。

言の葉

 幸運を作るというのはチャンスに備えて下ごしらえをしておくこと。

 だが、チャンスを得るには、運も偶然も必要ない。それはいつでもそこにあるものだから。

「Good Luck」 アレックス・ロドビラ/フェルナンド・トリアス・デ・ベス ポプラ社 p101

Where are you from? で気づいた、さいたまの魅力 大宮盆栽美術館

本日、大宮盆栽美術館 学芸員 石田様に、美術3の授業で講義をしていただきました。

「Where are you from? で気づいた、埼玉の魅力~美術で広げる、自分の可能性~」

というテーマで、美術を学ぶことが人生を豊かにすることなど、生徒にとってとても興味深い話をしていただきました。

今回はコロナ禍ということもあり、2日連続してZoomを使った講義となりました。

学校外の専門家の方からお話をお聞きしすることは、とても貴重な経験でした。

ご指導いただきました石田様、ありがとうございました。

言の葉

 クレヨン、この素晴らしきもの、と言わずにはいられない。石油系の蝋に顔料と結合剤を混ぜて棒状に固めただけの、それ自体はなんというほどのこともないものでしかない。これに想像力が加わると世界は一変する。

「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」ロバートフルガム 河出書房新社 p77

 

平和学習講演会(2年次)

本日、2年次生を対象に平和学習講演会を実施しました。

講師はJOCA沖縄より稲住様においでいただきました。「沖縄戦について」「現在の沖縄の問題について」2部構成で米軍基地の問題などについてもお話しいただきました。

語りかけるようなうちなーぐちで平和の尊さについて語り、生徒の心に響いたお話でした。ありがとうございます。

 

言の葉

「いちゃりば ちょーでー」 (沖縄の方言)

行逢えば兄弟。見ず知らずの人でも、縁があって出会えば、兄弟のようなものだ。

(こんな言葉を心にとめて生きていけば、世界はもっと平和になると感じる言葉ですね)

本校を志望する中学生の皆さんへ

本日、新聞にて令和3年度入学生の高校進学希望者が公表され、本校倍率は1.31倍 415名の中学3年生が希望していただきました。この中には学校説明会に参加してくれた生徒も多くいることと思います。

次回の学校説明会は11月21日(土)に実施します。受験に向けていろいろ心配なこともあると思います、気軽に相談してください。

言の葉

君は水が酸素と水素からできていることは知っているね。それが一と二の割合になっていることも、もちろん承知だ。こういうことは言葉でそっくり説明することができるし教室で実験を見ながら、ははあとうなずくことができる。ところが、冷たい水の味がどんなものかということになると、もう、きみ自身が水を飲んでみないかぎり、どうしたって君に分からせることができない。誰がどんなに説明してみたところで、その本当の味は、飲んだことのある人にしかわかりっこないだろう。

「君たちはどう生きるか」 吉野源三郎 マガジンハウス p58

 

3年生 面接指導

10月中旬から、進路先の大学などで行われる面接試験に向けて「面接指導」を実施しています。私も約10名の生徒を担当して面接の練習をしています。1回目の練習では、せっかくいいものを持っているのにきちんと表現できない生徒も多いのですが、数回練習を重ねると目に見えてよくなっていきます。北高生は持っているポテンシャルが高いのだから、自信をもって自分をアピールしてきてほしいと思います。受験生がんばれ!!

言の葉

問題は、豊かな外界の状況や、そこで得た自分の体感、イメージや気づき、考えをどれだけ丁寧に言葉にしていけるかでしょう。それらをうまく言葉にすることが「学ぶ」ということの一つの意味だといえるかもしれません。

「対話力」  白水始(国立教育研究所総括研究官) 東洋館出版社p33

大学の模擬授業体験

本日、1年次生が大学の模擬授業体験を実施しました。

1年次生は、7分野に分かれて大学講師の授業を体験しました。各分野の専門家の方から話を聞くことで、今後の進路設計に役立ててほしいと思います。

言の葉

 夏目漱石という作家の感染症とのかかわりでだいじな問題は、「心」という小説にもしっかり書き込まれているのです。こうした「新型コロナウイルス禍」の中で、人間はいったいどのように感染症と向き合っていけばいいのか、改めて考えていきたいと思います。

『夏目漱石「心」を読み直す』小森陽一 かもがわ出版 P9

マラソン大会 @埼玉スタジアム

本日、マラソン大会を実施しました。

開会式では、周囲と競争するのではなく自分自身と対話しながら各自のベストを尽くすように話しました。

今年は密を避けるため、年次・男女ごとに分けてのスタートとなりましたが、1年生にとっては初めての全校行事、3年生にとっては高校生活最後の年に行われる一番大きな行事かもしれません。

コロナ感染は収束していませんが、新しい生活様式の中で学校活動が少しずつ動き出しているということを感じることができる学校行事となりました。

言の葉

この危機を乗り越えたとき、皆さんはきっと変わっていることでしょう。良い方向に変わることができるかもしれません。もっと自覚を持った、もっと素晴らしい人間になることができるかもしれません。・・・イタリアの生徒たちにとっても、日本の生徒たちにとっても、そうあってほしいと思います。

『「これから」の時代を生きる君たちへ』 ドメニコ・スキラーチェ 世界文化社 P41

 

学校説明会 ミニ を実施しました

本日、学校説明会(ミニ)を実施しました。

9/19(土)の学校説明会は申し込み受け付け後、すぐに定員がいっぱいになってしまい参加できない中学生もいました。本校では不安に思っている中学生のため、10/3・10/10・10/17にもミニ説明会を開くこととしました。いろいろ迷っていることもあると思います。説明会に参加して、安心して受験勉強に取り組んでください!

言の葉

息子よ。右と左に道が分かれていたとする。どっちに行くかで迷ったら、自分を大事に生きることができそうな道を選びなさい。

「なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない」辻 仁成 あさ出版 P245(本校図書館にあります)